会社情報

NTTデータ中国では、豊富な経験に基づく業務ノウハウやアプリケーション開発技術、高度なセキュリティを確保した基盤・ネットワーク構築力、幅広い事業領域を有するNTTデータグループ各社との連携や技術・ノウハウの活用により、お客様へ最適なソリューションを提供し、地域と一体となって新たな価値を創造します。

CSRへの取り組み

コーポレート・ガバナンス

NTTデータグループは、企業価値の最大化を図るため、コーポレート・ガバナンスの強化に取り組んでいます。
そして、事業運営を適正かつ効率的に遂行するために、事業や業務に関する意思決定と実施のルールを定め、職務権限の明確化と適切な牽制が機能する体制を整備しています。
内部監査システムとしては、業務遂行から独立した「監査部」が、各事業本部などの事業活動を監査し、適切な助言・勧告を行うことにより、会社の健全性の保持に努めています。
また、グループ全体の内部統制システムの強化・推進を図るために「NTTデータグループ内部統制推進委員会」を設置しています。

コンプライアンス

NTTデータグループはステークホルダーから信頼される企業グループを目指して、企業倫理の確立による健全な事業活動を基本方針とする「NTTデータグループ倫理綱領を中心としたコンプライアンス推進体制を構築しています。
全社への浸透と徹底を図るため、「社員行動倫理委員会」と、「コンプライアンス推進部」による社内体制強化、更に役員・社員のコンプライアンス意識を醸成する教育啓発活動や、各組織、グループ会社でのビジネス特性に応じたコンプライアンス関連研修の随時実施など、NTTデータグループ全体で企業倫理向上および法令遵守の強化に努めています。
また、内部通報制度として「ホイッスル・ライン」「セクハラホットライン」を設置しています。

リスクマネジメント

NTTデータグループでは、リスクマネジメントを統括・推進するリスク管理統括担当役員(CRO)をトップとするリスクマネジメント体制を整備し、経営・事業に及ぼすリスクの未然防止、影響の低減を図っています。
特に重要な事項については取締役会などへ報告し、経営へフィードバックすることで再発防止にグループ一丸となって取り組んでいます。
更にシステム・プロジェクト、お客様満足、情報セキュリティ、大規模災害、リーガルマネジメントなど、経営や事業に大きな影響を及ぼすおそれのあるリスクは年度ごとに見直しを図り、対策を強化するリスクを抽出して重点的に取り組んでいます。
特に、地震などの大規模災害における対応については「災害対策室」を設置し、災害に備えた体制整備、事業継続計画(BCP)などの検討・策定に取り組んでいます。
また、情報セキュリティについては、「情報セキュリティポリシー」と「個人情報保護方針」を制定、社員教育を行うとともに、管理・運用ルールの徹底に努め、取り組みの内容をまとめた情報セキュリティ報告書を発行しています。

社会貢献活動/環境保護活動

1992年に社会貢献推進室を設置し、健全な社会の発展に向け、福祉・自然環境、文化芸術など幅広い分野において社員の参加を重視した社会貢献活動を進めています。
福祉作業所で作られたお菓子に寄付金をプラスして社内販売を行うバレンタイン・チャリティイベント、小学生を対象に、楽しくわかりやすくITを体験できるイベント「こどもIT体験」、社員一人ひとりが環境保全について考える環境フォトコンテスト、一般公募形式のクラシックコンサートの開催などを行っています。

また、環境保護活動については、グループ展開でのISO14001の継続的改善活動、CSR報告書の発行などによる企業プレゼンスの向上、環境教育の実施による社員の環境マインドの醸成の、3つの活動を推進しています。
「環境に配意したシステム開発の推進」「グリーン購買ならびに環境に優しい建築設計の推進」「省資源・省エネルギー施策の展開、物品の利活用・リサイクルの推進・廃棄物の削減」により環境に配意した事業活動を推進するとともに、お客様や地域社会の環境負荷低減を実現する技術・サービスの開発にも努めています。